1. 家族のお葬式
  2. 葬儀の流れ

葬儀の流れ

突然、訪れるお別れの時。一体、何から始めればいいのか戸惑う方がほとんどではないでしょうか。
ここでは、葬儀の流れを簡単にご説明いたします。

1.ご逝去

・死亡診断書をお受け取りください。
火葬などの手続きに「死亡診断書(または死体検案書)」が必要です。医師などから死亡診断書を受け取ってください。
※戸籍の手続きなどで必要となりますので、受け取った後は5~10枚ほどコピーしましょう。

2.お迎え~ご搬送

葬儀会社に連絡し、故人様をご自宅や所定の施設まで搬送します。搬送後、枕飾りの祭壇を整え、布団またはベッドに北枕でご遺体を安置いたします。
※もしもの場合に備え、予めご希望にあう葬儀会社を確認しておきましょう。

3.連絡・お打ち合わせ

菩提寺に連絡し、枕経をお願いします(通夜式なども相談)。菩提寺が特に決まっていない場合は、葬儀会社にお寺の手配をお願いすることもできます。葬儀会社とは、どのような葬儀を行うか打ち合わせをします。詳細が決定後、ご親族や職場の方、ご友人などに連絡をします。

4.納棺

旅立ちの身支度を整え、お棺にお納めします。故人様が大切になさっていたものは、お棺の中に一緒に納めることもできます。
※火葬場によっては、棺の中にお入れ出来ないものもございます。

5.通夜式・ご葬儀~出棺

通夜式・葬儀を行います。通夜式・葬儀は様々な形態があり、近年では「家族葬」も増えています。
※最近は、「火葬式」のみ・「一日葬」など、さまざまな葬儀が選ばれています。

6.火葬~お骨上げ

火葬は2時間前後です。火葬が終わると、ご遺骨を骨壺に納めます。

7.還骨経・式中初七日

最近では、ご葬儀の日に初七日法要・還骨法要も同時に行うことが多くなっています。